2009年10月16日

高い鼻はキスの邪魔。

いや、別にこれが感想ってワケではないんですけど…(笑)。


14日の水曜日は「クヒオ大佐」を見てきました。
朝7時。
けたたましいスエミツのピアノ(携帯の着信音)で起こされ、
急遽昼過ぎまで仕事になってしまった為、
予定していた午前中の回では見ることが出来なかったのですが、
せっかくの水曜日、レディースディだし、
前々からもう行くと決めていて、
どうしても行かなきゃ気が済まない感じだったので、
15時過ぎの回で見てきました。



今後「クヒオ大佐」を見る予定のある人で、
人の感想に左右されたくない方は、
ここでストーップ!!してください!!!




まず…分かったこと。
結婚詐欺ってのは騙す方も騙される方も真剣。
私はこの映画、どちらかと言うと、
コメディタッチで笑える感じなのかな…と思って見に行きました。
クヒオ大佐の行動はかなり間抜けだし、
バレバレの嘘ばかりだし、
まずあの高い鼻が違和感満載だし、
笑える要素は沢山あるんです。
でも。
画面で恋する女性達は真剣で、
クヒオ大佐も騙すことに真剣で、
私にはかなりシリアスなお話に思えました。
笑えなかったです。
切なかったです。

どこかで騙されていることを分かっているけれど、
「好きだから」それを信じない。
信じないと言うよりは、分からないフリをする。従順でいる。
詐欺なんて大きな話じゃなければ、
こんな気分は恋愛をすれば、
多かれ少なかれ体験することもあるでしょう。
騙されていると分かったとき、
そこから抜け出すのが理性な気もしますが、
実際は難しい…というのも痛いくらいに分かるんです。
それがね…とにかく切ない。

あと…。
松雪泰子さんが
「容疑者Xの献身」の時の役と
ダブって見えちゃって。
「不幸な女」「お弁当屋さん」というキーワードが一致するから、
私のおバカな頭は、
どうも同一と見なしてしまうみたいで(苦笑)。
そこが残念…(私が・笑)。


見て笑って楽しむつもりで行ったので、
ちょっと期待ハズレだったかな…?!という感は否めないんですが、
これは私が小難しく考えながら
見ていたせいなのかもしれません。
もっとシンプルな頭で何も考えずに見れば、
楽しい映画なのかも…。

でも、きっといろいろ考えちゃうんですよ皆(笑)。
posted by ハル at 15:39| 京都 ☀| Comment(48) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

幸せなお仕事。

…なのですよ。料理人って。
改めてしみじみ思ったり…。


こないだの水曜日、
「南極料理人」を見てきました。
とっても楽しくて、面白かった。
大好きです、この映画!!!
興味のある方は是非。
共感できることがいーっぱいあると思いますよ。


私は飲食店で働いているだけで、
全然料理人ではないのですが(笑)、
料理人ってお店などをやっていると、
ダイレクトにお客さんの反応を見ることができますよね。
それって本当に幸せなことだと思います。
たまに私の作ったものが、
お客さんの口に入ることがあるのですが、
お出しした瞬間から、
もう不安と緊張で、
食べてらっしゃるお客さんの顔を、
ずっとチラ見ですよ(笑)。
情けないけれど、まだまだ私は私の料理に自信がないのです。
でも口に入れた後の表情が嬉しそうだったり、
「美味しい」と言ってもらえたり、
無表情無言でもしっかり箸が動いていたりすると、
跳びあがりたいくらい嬉しくなっちゃうのです。
これはもちろん、
家族にご飯を作るお母さんやお父さんや、
友達を家に呼んで食事を振舞う時…などでも同じだと思います。

堺雅人さん演じる西村も閉ざされた空間南極で、
他の隊員たちに少しでも喜んでもらうため、
一生懸命ご飯を作っています。
その隊員たちがまた、ものすっごく個性的で、
一癖も二癖も三癖もあって、
一筋縄ではいかない人たちばかり。
出てくるエピソードは、
食事と関係のあるものもないものも、
一つ一つがいちいち面白い。
美味しいご飯の持つ力を、
改めて感じることのできるお話でした。
あと、美味しいものを作ってくれる人への、
感謝も忘れないようにしなきゃと思いました。
たまには美味しかったこと、口で伝えるコトも大切ですよね。

時間があればもう一回見に行きたいなぁ
…なんて思っています。
堺さんの伸びっぱなしの髪を一つに結っている姿も、
かなり好みだったので(笑)。
posted by ハル at 17:04| 京都 ☁| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

夢とか希望とか浪漫とか。

そういうものが危険や命の危機の隣にあるものなら、
ちょっとご遠慮したい…なんて「宇宙へ」を観て思いました。
小さな小さな毎日の積み重ねが「幸せ」だと考える私には、
ちょっと壮大で崇高すぎるお話。

お久しぶりです。
家のパソコンの調子が本当に悪く、
今日も今日とてネットカフェでございます。
携帯からも更新できるはずなのですが、
携帯を手にすればそれだけで寝てしまう人なので、
そんな機能は役に立たず…(汗)。

ま、私は相も変わらず毎日とても元気でやってます。


今日は「宇宙へ」を観てきました。
知らないことをたくさん知って、とても勉強になった…
というのが感想です。
ロケットやスペースシャトルのこと、
月面着陸への道のり、
幾度にも渡る失敗や事故、失われた命のこと、
それがまたすごいスピードで進んでいたこと。
そして…何よりも「関わる人達の凄まじい覚悟」。

私の生きる日々に「覚悟」なんてほとんどありません。
平和でのんびりしていて幸せ…なのは、
とてもイイコトなんだけど、
なんの向上心もなく怠惰に日々を暮らしていいのかな…なんて、
すこし考えてしまったり。
夢を抱いたり、何かを目指すにはすごくパワーがいるけれど、
それを成し遂げたとき、
その人が掴むものは、
果てしなく大きく、
かけがえのないものなのだろう…と思いました。

エンディングのあの曲も、
映画を観た後に聴くと本当に内容とピッタリでよかったです。
映画は緊迫した映像が多く、観ながらずっと緊張していたので、
よく知っている声が聴こえて、
ちょっと安心したりもしました(笑)。

私は飛行機ですら怖い人なので、
もし誰もが簡単に宇宙に行けるような時代が来ても、
多分行くことはないでしょう。
でも、そんな時代が、
きっと手の届くところまで来ているのかもしれませんね。
posted by ハル at 17:19| 京都 ☀| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

1人勝ち。

カメレオン俳優さんと、
堺雅人さん目当てで見ていた
「日本アカデミー賞授賞式」ですが…。


パコが…パコが…。
可愛すぎ!!!
もう、私、目がハートです。
軽く怪しい人です(笑)。


賞はほぼ「おくりびと」の1人勝ちでしたが、
私はアヤカちゃんに萌える(笑)、
2時間でございました。


「パコと魔法の絵本」。
京都ではもうすぐ、
アンコール上映があるので、
また見に行ってきまーす(笑)。
posted by ハル at 23:27| 京都 ☁| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

まだ3回目。

もう既に脱落しそうなのが…「銭ゲバ」。
暗い、重い、救われない。
私の苦手がタッグをくんでやって来る土曜9時。
ちょっと気になるカメレオン俳優さんに惹かれ、
見始めたのですが…。
正直毎週キツイっす(笑)。
たぶんこの話にハッピーエンドはないと思うのですが、
少し位は救われるラストになるんですかねぇ…。

とりあえず…耐えられるトコロまで(笑)。
話を追いかけてみようと思います。


そして…今日は、
ある意味「銭ゲバ」とは真逆、
明るい、楽しい、ハッピーな映画、
「マンマミーア」を見てきました。
あっと言う間の、楽しい時間。
もちろんABBAの曲てんこ盛りで。
ただ映画に身を任せていれば、自然と笑顔になれる。
そんな映画でした。
いい時間を過ごしました。
posted by ハル at 04:03| 京都 ☁| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

音も色もお話も。

素晴らしかった。

見てきました「パコと魔法の絵本」。
すっごい楽しかった!!
で。
やっぱりちょっと泣いちゃったり。
あぁーでもやっぱり楽しかった。


色が空が緑が花が綺麗で。音楽もステキ。
カエラちゃんの歌もピッタリ。


エンドロールがまた素晴らしくて。

本当にいい映画でした。
posted by ハル at 21:51| 京都 ☁| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

もちろん出掛けてます。

だってこの雨だもの。


今日は「DMC」の舞台挨拶に行ってました。
何もなければ、
なかなか自分では見に行かないタイプの映画ですが、
近所に松ケン来るっていうからつい…(笑)。
チャリで行ったのに、この雨じゃさすがに乗れない…。
明日取りに来ることにします(泣)。

映画面白かったです。
役者さんみんな面白すぎ(笑)。


さっきからついつい「SATSUGAI」口ずさんじゃって…。
なんか、物騒なんですけど(笑)。
頭に残って、支配されてるー。
posted by ハル at 17:39| 京都 ☔| Comment(2) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月22日

紺・赤・うすい緑。

中・高・大学校のジャージ遍歴です。
大学時代に着ていた、あの緑色はなかなかナイ色だと思う…(笑)。


昨日、「ジャージの二人」という映画を見てきました。
以下、見る予定がある方は、
ネタバレ(って程でもないんだけれど)注意。





分かってはいたけれど…。
只々ゆるかった…です。
なんかこぅー…ユルユルみたいな。
ほんと緩い。
もう、それしか感想が無い(笑)。

たぶん、
あの映画からは何も読み取らなくてよいのでしょう。
私が画面に見た世界が全てで、
それ以上でも以下でもないのでしょう。


ただ…。
いっぱい荷物を抱えている人に…。
ちょっと休憩したら??
何が変わる訳でもないけど、
とりあえずちょっとだけ荷物をおろして、お茶したら??

と、語りかけている映画のように思いました。


抱えた荷物もおろす荷物もなく、
毎日休憩しかしていない私ですが(笑)、
それでもなんだか心が深呼吸できたように思います。
クスクス笑えて楽しかったです。

いい映画でした。
そして、やっぱり緩い映画でした。
posted by ハル at 23:54| 京都 ☁| Comment(0) | 映画。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。